1. Top

配管、空調、電気設備、CADデータのまとめ

配管、空調、電気設備、CADデータのまとめ
配管アイソメ図、量水器ボックス、水道メーター、ガスメーター、受水槽、給水タンク、貯水槽、ダクト、スパイラルダクト、単線結線図、シーケンス、制御回路版などのCADデータがダウンロードできるサイトをまとめました。





単線結線図が現場と異なることがないようCADを使って管理する
<単線結線図と現場が違う、なぜ起きるのか>
単線結線図と現場が違うのは、改造エリアだけの単線結線図を変更し、設備全体の結線図を変更しないことです。改造が頻繁なため、変更図面の差し替えが後手に回っていることも理由です。
<単線結線図と現場が異なることを避けるポイントは>
単線結線図と現設備の相違を避けるため、図面管理のルール作りが必須です。設備変更では、全ての関連図面を変更しましょう。CADでの管理なら、図面の更新状況を把握できます。

出典:単線結線図にシンボル集、電気図記号などのCADデータを使うメリット



常に最新の配管アイソメ図はCADデータの使用から
<図面がなぜ古いままなのか、なぜ管理できないのか>
設備変更を行う度に、配管図の変更をしていないので、古い図面が残ってしまうのです。トラブルなどの緊急工事では、工事終了後に図面変更を忘れてしまうことがあります。
<アイソメ図ソフトを使うことで配管図の管理が簡単に>
CADソフトなら、配管アイソメ図の作成は容易です。改造を行った際のデータを残せるので、管理が容易です。フランジやエルボ部材の数を把握でき、積算や見積もりが可能です。

出典:CADを使った配管アイソメ図は、工事に欠かせない強力ツールだ



水道メーターやガスメーターの設置工事における課題
<ガスメーターの種類と機能>
ガスメーターはマイコン方式が一般的で、多くの機種があります。ガス漏れ検知や、地震時の自動停止機能を備えているものが多いです。自動検針可能なガスメーターが、電子式ガスメーターです。
<水道やガスメーター設置にCADを利用する>
水道やガスメーターの設置工事では、メーターや配管などの図面が欠かせません。水道局への平面図・立面図を含めた届出・申請が必要です。ガスメーターの手続きも同様で、CADを利用したメーター管理が役立ちます。

出典:水道メーターやガスメーターの設置は、CADデータを使って上手な管理を



リレー変更の問題防止法とシーケンス図の管理法
シーケンス図・制御回路図面のCADデータを使って、できる維持管理のコツ
https://cad-boss.com/sequence-cad-907
<シーケンス図の不具合が起こす問題とは>
シーケンス図の不具合では、リレー取替え時に接点の接続先が現状と異なってしまったり、現場の結線状態が図面と違う、リレーの接点が図面と実際が違う、などの問題が起こります。
<リレー変更で発生する問題をどう防止するか>
別ページに接点名称を書いておけば、名称からリレー本体の記載ページが分かります。リレー取付時は、接点の位置情報と接点がある制御回路図の情報が、一致するように図面変更します。






図面管理にCADを用いた貯水槽の水質汚染管理
受水槽・給水タンク・貯水槽の汚染防止は、CADデータを使った定期点検に尽きる
https://cad-boss.com/tank-cad-892
<貯水槽の構造と設置のときに注意すべき点>
貯水槽は、錆発生による水の汚染を防ぐため、FRP製やステンレス製を選びましょう。構造にも目を向け、虫の侵入不可、給水制御弁の設置などを図面で確認することが大切です。
<貯水槽の専門機関による定期検査の準備>
貯水槽の定期検査は、専門機関に依頼します。図面や定期点検記録などの書類確認があります。規模が大きい給水装置であれば、図面管理にCADを用いれば、変更履歴を含めた管理が容易です。





ダクトの計算手法と維持管理に効果的なCADの使い方
ダクト・スパイラルダクトのCADデータ、計算ソフトの連動と維持管理の完全ガイド
https://cad-boss.com/duct-cad-901
<設備改造に伴い、ダクトの取替が必要か>
店舗の増設などに伴い、空調システムを変更する際、ダクトの取替が必要か検討しましょう。空調容量計算を行う際は、ダクトが十数年経ていれば、汚れや漏れ、腐食により抵抗係数が違う可能性があります。
<ダクトの維持管理に効果的なCADの使い方>
ダクトの摩擦損失計算は、専用ソフトで、必要風量とダクトサイズのシミュレーションができ、効果的な設計が可能です。CAD図面で点検箇所とチェック項目を連携させれば、空調・換気設備の維持管理に役立ちます。




仮設工、CADデータのダウンロード

仮設工、CADデータのダウンロード
ビケ・ビディ・枠組足場、支保工・パイプサポート、仮囲い・万能鋼板、立ち馬・脚立・ローリングタワー、シートパイル・鋼矢板などのCADデータがダウンロードできるサイトをまとめました。





仮囲いのCADデータを活用して工事成績評定アップ
<仮囲いを周りの風景に合わせる工夫>
仮囲いのイメージ向上のため、イラストを用いて周りの風景に合わせる工夫を凝らしましょう。仮囲いを、営業用看板スペースとして利用するケースもあります。仮囲いのCADデータを活用し、周辺の環境に合った仮囲いを設置しましょう。
<申請書や計画書にCADデータを添付する方法>
工事着手時には、仮囲いの図面をもとに、仮設工の設置場所と安全対策の提案を行います。仮囲いの申請書や計画書にCADデータやイラストを入れると、提案力が向上し、印象も良くなります。工事成績評定アップのための重要な要素です。

出典:仮囲いのCADデータを用いて工事成績評定をアップさせる方法



鋼矢板の設置工事計画と安全対策に役立つCADデータ
<鋼矢板設置時の事故は設置計画の不足が原因>
土留工事では、鋼矢板破損による支保工倒壊などの事故が起こります。重機械の操作ミスなど、鋼矢板に起因しない事故も多く発生し、これは鋼矢板設置計画の不備が原因です。
<鋼矢板の設置工事の危険を回避するには>
鋼矢板の設置工事は、土留工事の施工方式を決定し、鋼矢板を選定します。CADデータを用いて鋼矢板と支保工の強度計算を正確に行い、十分に安全を確認することが事故による危険を回避します.

出典:シートパイル・鋼矢板の設置工事にCADデータを使用して事故を防止する方法



足場のCADデータを用いて、足場を安全運用するには
<足場の防災対策として具体的に求められることは>
足場の防災対策として求められることは、所轄労基署への足場計画の届出・承認が法律で義務づけらています。発注者へ説明を行い、安全面を含めた工事計画の承認が必要です。
<作業員や車両データを併用した作業要領と安全教育>
足場材の運搬車両や高層作業車両の3Dデータを入手し、作業員の3Dデータと組み合わせることで、足場組立や足場上作業の要領確認、および、安全性の検証を行えます。

出典:ビケ・ビディ・枠組足場、単管足場、CADデータの使用方法とその効果



品質面と安全面の問題を支保工のCADデータを活用して解決する
支保工・TSサポートにcadデータを使用するメリットをまとめてみた
https://cad-boss.com/timbering-cad-560
<支保工の安全面からの問題はこれ>
安全面では、支保工全体が崩れて人身事故が発生する問題が起きています。図面と異なった施工、誤りがある図面のまま施工、作業手順のミスによる支保工の配置ずれ、などが原因です。
<支保工の品質面の問題をあげる>
支保工の品質面の問題として、TSサポートなどの支保工材料データの誤認による、設計の不備が原因としてあげられます。パイプサポートなど、支保工の強度計算不足も原因となります。支保工のCADデータを用いて課題を解決しましょう。






脚立・立ち馬・ローリングタワーの安全対策に役立つCADデータ
立ち馬・脚立・ローリングタワーの2D・3Dcadデータによる現場での危険察知効果
https://cad-boss.com/stepladder-cad-570
<高所作業中に不安定となるローリングタワーの問題点>
ローリングタワーは、2mを超える高所作業に使われます。昇降設備がなく不安定で、脚輪ブレーキを効かさずに使用したり、作業員や荷物を載せたままで移動される傾向があります。
<ローリングタワーの足場改良法とCADデータを使用した危険予知>
ローリングタワーからの移動中の落下防止には、手すりを設けることが有効です。危険予知を作業員に周知するため、距離感を表現できる3D表示による図面や、スライドの活用が有用です。




安全施設 │ CADデータのまとめ

安全施設 │ CADデータのまとめ
A型バリケード、B型バリケード、パネルゲート、シートゲート、キャスターゲート、カラーコーン・バー、螺旋階段などのCADデータがダウンロードできるサイトをまとめました。





螺旋階段には一般的な階段に比べ、メリット・デメリットがあります
<螺旋階段・らせん階段のデメリット>
螺旋階段のデメリットは、大型家具の2階への搬入が困難、荷物を持っての上り下りは要注意、子供や高齢者の踏み外し、歩く時の音が大きい、空調効率が悪い、価格が割高になる、階段下にスペースない、などが挙げられます。
<CADデータを使ったクライアントへのわかりやすい説明>
螺旋階段の設置には、メリット・デメリットを考慮した総合的な判断を行う必要があります。クライアントへのわかりやすい説明に、螺旋階段のCADデータを活用しましょう。

出典:螺旋階段・らせん階段の2D・3Dcadデータを活用して、納得できる階段を提案しよう



現場での“不安全”の解消と安全の“見える化”による安全計画
<現場での「不安全な行動」と「不安全な状態」とは>
厚生労働省「労働災害原因要素の分析」によれば、「不安全な行動」と「不安全な状態」のどちらかを取り除ければ、事故をかなりの割合で減らせることになります。
<カラーコーンのCADデータを活用するポイント>
カラーコーンのCADデータは、安全計画の立案やプレゼン、周知活動に有用です。工事現場や歩行者通路の「不安全な状態」を明確にします。危険区域、重機の可動域などを区分けし、作業員の「不安全な行動」を防ぎます。

出典:カラーコーン・バーのCADデータを利用した、現場の安全と危険が“見える化”づくり



現場でのパネルゲート設置の危険な失敗例と対策
パネルゲートのCADデータを使った、安全で機能的な仮設計画の作成方法
https://cad-boss.com/gate-cad-303
<パネルゲートのはみだしや転倒の事例>
パネルゲートの、はみだしや転倒の事例は、設置場所の傾斜、強風や台風、下部のワイヤーなどが原因でが起こっています。CADデータを活用して適切な仮設計画を立案しましょう。
<近隣にわかりやすい工事現場づくり>
ゲートの開閉、強風時の対応など、運用ルールの徹底が安全に繋がります。CADデータを活用して住民への説明資料を作成しましょう。近隣にもわかりやすい工事現場づくりが重要です。






現場の内外、バリケードCADデータで安全確保するための注意点
バリケードの2D・3Dcadデータを使って、現場内外の安全対策に配慮
https://cad-boss.com/barricade-cad-163
<安全対策はハードとソフトの両面で>
安全資材がハード面、安全計画をソフト面とし、その両面から安全確保を行うことで事故防止につながります。安全対策には、資料やポスターにバリケードのCADデータを活用すると効果的です。
<周囲景観にも配慮したバリケード>
周囲景観にも配慮したバリケードは、現場のイメージアップにもつながります。必要に応じて街の背景と一緒にCADデータを配置し、バリケードの配色や雰囲気などを確認しましょう。




カテゴリ
建設機械、建設資材 CAD
ブログ記事の検索
最新記事
RCCM試験 施工管理試験 支援ツール

支援ツールを使用すれば、短期間で、合格点が獲れる試験対策ができます。
本年度版の更新が完了し、解答例を送信中です。


  管理技術力の記述
  業務経験論文の記述

  1級、2級、経験記述
  実地試験、学科試験



車両、人物、樹木、添景 CD
設備工事、建築、家具 CAD
アクセスランキング



QRコード
QR