1. Top
  2. » CADまとめ 22
  3. » 安全施設 │ CADデータのまとめ

安全施設 │ CADデータのまとめ

安全施設 │ CADデータのまとめ
A型バリケード、B型バリケード、パネルゲート、シートゲート、キャスターゲート、カラーコーン・バー、螺旋階段などのCADデータがダウンロードできるサイトをまとめました。





螺旋階段には一般的な階段に比べ、メリット・デメリットがあります
<螺旋階段・らせん階段のデメリット>
螺旋階段のデメリットは、大型家具の2階への搬入が困難、荷物を持っての上り下りは要注意、子供や高齢者の踏み外し、歩く時の音が大きい、空調効率が悪い、価格が割高になる、階段下にスペースない、などが挙げられます。
<CADデータを使ったクライアントへのわかりやすい説明>
螺旋階段の設置には、メリット・デメリットを考慮した総合的な判断を行う必要があります。クライアントへのわかりやすい説明に、螺旋階段のCADデータを活用しましょう。

出典:螺旋階段・らせん階段の2D・3Dcadデータを活用して、納得できる階段を提案しよう



現場での“不安全”の解消と安全の“見える化”による安全計画
<現場での「不安全な行動」と「不安全な状態」とは>
厚生労働省「労働災害原因要素の分析」によれば、「不安全な行動」と「不安全な状態」のどちらかを取り除ければ、事故をかなりの割合で減らせることになります。
<カラーコーンのCADデータを活用するポイント>
カラーコーンのCADデータは、安全計画の立案やプレゼン、周知活動に有用です。工事現場や歩行者通路の「不安全な状態」を明確にします。危険区域、重機の可動域などを区分けし、作業員の「不安全な行動」を防ぎます。

出典:カラーコーン・バーのCADデータを利用した、現場の安全と危険が“見える化”づくり



現場でのパネルゲート設置の危険な失敗例と対策
パネルゲートのCADデータを使った、安全で機能的な仮設計画の作成方法
https://cad-boss.com/gate-cad-303
<パネルゲートのはみだしや転倒の事例>
パネルゲートの、はみだしや転倒の事例は、設置場所の傾斜、強風や台風、下部のワイヤーなどが原因でが起こっています。CADデータを活用して適切な仮設計画を立案しましょう。
<近隣にわかりやすい工事現場づくり>
ゲートの開閉、強風時の対応など、運用ルールの徹底が安全に繋がります。CADデータを活用して住民への説明資料を作成しましょう。近隣にもわかりやすい工事現場づくりが重要です。






現場の内外、バリケードCADデータで安全確保するための注意点
バリケードの2D・3Dcadデータを使って、現場内外の安全対策に配慮
https://cad-boss.com/barricade-cad-163
<安全対策はハードとソフトの両面で>
安全資材がハード面、安全計画をソフト面とし、その両面から安全確保を行うことで事故防止につながります。安全対策には、資料やポスターにバリケードのCADデータを活用すると効果的です。
<周囲景観にも配慮したバリケード>
周囲景観にも配慮したバリケードは、現場のイメージアップにもつながります。必要に応じて街の背景と一緒にCADデータを配置し、バリケードの配色や雰囲気などを確認しましょう。




Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://nandmo22.blog.fc2.com/tb.php/156-d03069a7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

カテゴリ
建設機械、建設資材 CAD
ブログ記事の検索
最新記事
RCCM試験 施工管理試験 支援ツール

支援ツールを使用すれば、短期間で、合格点が獲れる試験対策ができます。
本年度版の更新が完了し、解答例を送信中です。


  管理技術力の記述
  業務経験論文の記述

  1級、2級、経験記述
  実地試験、学科試験



車両、人物、樹木、添景 CD
設備工事、建築、家具 CAD
アクセスランキング



QRコード
QR